visit tracker on tumblr

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

石川県金沢市 浅野町校下ホームページ

浅野町の守獅子(平成11年発行 浅野町公民館50周年記念誌より抜粋)

 町内の有志が、かねて石川郡大野郷に住む中村屋弁吉(大野弁吉)に依頼してあった獅子頭が、三年六ヶ月の年月を費やして、天保十一年(一八四〇)三月一日に、ようやく出来あがった。

 この獅子頭は、名工弁吉も一生を通じて比類のない出来栄えに自ら感歎し、一晩中、目を離さなかったほどで、とくに「一東」の号を刻銘したという。この獅子頭には皮などで被覆することのないように、弁吉が特に町内の有志に申し添えたといわれ、現在まで口伝されている。あるとき、町内の世話役が、獅子頭が傷つくのを恐れて白衣で包んだところ、夜中に奇声を発して鳴き続けたとの昔話も伝えられている。

 浅野神社の祭礼のたびに、必ず神前に獅子舞を奉納し、町内の住人の禍を払い、福の来るのを願うべく各戸の前で祝い舞を演ずるのを慣わしとしてきた。ある年、不景気のため獅子飾りの行事も出来なかったことがあった。その夜、町内の世話役の枕辺に、白衣の御神体が出現され、「われ、町内の獅子の化身にてある。今年の祭礼に、不幸にて我を祭ることのなかりしを惜しむ。われは町の守護者にてあるぞ。必ず誠意を以って、われを祭られよ」と告げられた、との説があり、それ以来、浅野神社の祭礼には必ず獅子飾りを続けているという。町内では天保十一年三月以来、一度も火災が起きていないのも、思えば不思議な霊験である。

 現在もこの獅子頭は俵屋に保存され、浅野神社の祭礼には浅野町上組町会・下組町会・小橋町会の順で獅子飾りが行われている。

金沢北ロータリークラブ発行「金沢北地域誌・香我の譜」の会員随想より

姫獅子

 浅野の獅子は古くから存在し、五代藩主前田綱紀公(一六四三〜一七二四)が浅野へ鷹狩りに来た折にも見ている(*元禄時代)。現存の獅子頭は「姫獅子」と称し、その昔、浅野の村端に俗塵を離れていた名工(伝・大野弁吉)が、うとうととしていたある夜明け方、下浅野村に鎮座した若宮白山社の祭神菊理姫命の”汝の作る獅子頭を見たし“という託宣により彫ったと伝えられている。

 浅野神社の秋祭りには若い衆を中心に子供の棒振りや、年寄りが飛び入りで獅子頭を持ち、蚊帳の中では太鼓、笛、三味線など、芸者の囃子で賑やかに演じられたが、昭和三十年以降は演じられていない。

うなり獅子


 からくり師として著名な大野弁吉に依頼し製作してもらったと伝わる。製作にあたり以下のような世間話が伝わる。頭の完成を浅野神社の祭りに間に合わせるために、町の若い衆が弁吉をひどく急かせたことから、呑気な弁吉もさすがにイライラした気持ちで製作したものといわれ、そのため目が血走り怒りの表情を表すようになったという。

 弁吉の生存中は何事もなかったが、その死後、祭礼の前日になると必ずこの獅子をあずかる家から唸り声が聞こえてくるので、弁吉の魂が乗り移ったと噂され、そこから「うなり獅子」の呼称が生れたと伝わる。明治十五、六年頃、供養した結果、唸り声もなくなり、祭礼ごとに繰り出すようになったともいう。

 獅子外箱に「天保十二歳辛丑九月上旬  獅子頭覆  中嶋連中」の墨書銘がある。重さは八kg。